コンピュータ

効率爆上げ!WSLで簡単にOSイメージを複製する方法

WSL用の作業イメージを作ってガシガシテストしたいなと思ったことはないですか? 自分は普段はDockerを使用している事が多いのですが、Xっぽいアプリのある作業になると現状ではWSL版のUbuntuイメージのほうが作業しやすかったりします。(例えばEclipseのイ…

【メモ】UbuntuにNVIDIA Container Toolkitをインストールする

GPUを持つUbuntuでDocker経由でCUDAを使用する場合に必要となるNVIDIA Container Toolkitをインストールします。 使用したUbuntuのバージョンはUbuntu22.04LTS。下記リンクを参照しインストールを行う。 docs.nvidia.com $ curl -fsSL https://nvidia.github…

【メモ】UbuntuにVisualStudioCodeをインストールする

UbuntuにVisualStudioCodeをインストール UbuntuのバージョンはUbuntu22.04LTS。 debパッケージをダウンロードして、dpkgコマンドでインストールする方法もありますが、 今回はaptコマンドでインストールしています。 Ubuntu22.04LTSにVisualStudioCodeをイ…

【メモ】UbuntuにDockerをインストールする

UbuntuにDockerをインストールするメモ 今回のバージョンはUbuntu24.04LTSにDockerをインストールしています。 以下のスクリプトでインストールまで可能。インストール後は再起動をしたほうが楽です。 Ubuntu22.04LTSにDockerをクリーンインストールする 参考…

初めてのIBM Db2コンテナ作成体験談!Dockerで簡単データベース構築

先日、ネットをみていたところ下記のようなイベントがあり、興味があったのですが仕事がごたついていたときだったので参加できず、資料で我慢するかな~と思っていたのですが、 ibm-developer.connpass.com 資料を見るとあーDb2のライセンスいるのかってこと…

古いゲーミングPCを再利用!UbuntuでAI画像生成環境を構築するための手順

NVIDIA製GPUを家では使用できるようにしたのですが、外出中でもなんとか使えないかと思いっていたところGTX1070Mobileを搭載した少し古めのゲーミングPCが準備できたので、OSにUbuntu24.04LTSをインストールし、NVIDIAドライバとCUDAをセッティングするとい…

Node-REDの学習に最適!GitHub Codespacesを使った実行環境の構築法

これまでNode-REDを体験するワークショップの環境をどうやって作るかを昨年ぐらいから考えていたのですが、ようやく答えが出てきたのでまとめておこうと思います。 IBM Cloudの環境でもカード登録なく無料での使用(学生にとってはかなり重要)ができなくな…

ビジュアルプログラミングの未来: EduBlocksでPythonを体験!

先日(2024.05.29)、開催された『ビジュアルプログラミングIoTLT vol.17』に参加して、LightningTalk(以下LT)をしてきました。 speakerdeck.com 今回のLTの内容は? ビジュアルプログラミングということで、何を選定しようかなと思っていましたが、「Scra…

Pythonで深堀り!QRコードの生成方法を理解する!

実は、今年から学生になりました。学校の課題が多くなかなか技術的な内容をまとめられていなかったのですが、ふとした頼まれごとでPythonを使用してQRコードのPNG画像を生成するという作業があったので、忘れると嫌なので使い方などをメモしておきます。 Wik…

再始動「なごあずの集い #1」参加レポート

2024年4月27日に開催された「なごあずの集い#1」に参加・運営のお手伝いをしてきました。 75az.connpass.com コロナ下で活動できていなかったので、久々のオフライン活動として、大掛かりな勉強会という形ではなく、集いという形でのリブートになりました。G…

SORACOM UG 東海8 開催レポート

2024年4月26日に久々にSORACOM UG 東海の第8回目が行われました。前回は2023年3月に開催し、その前は2022年9月と結構時間が空いた形での開催でおおよそ年1回程度の開催となっています。 これまではSORACOMの中の方にお越しいただいて、SORACOMのアップデート…

バッチファイル作成で振り返る:超解像処理動画の自動化手順

以前のブログで【便利】コマンドラインツールで超解像処理!静止画も動画も高画質にという内容で書いていました。 uepon.hatenadiary.com PowerShellやcmdの補完機能があるとはいえ、コマンドラインでの実行では打ち込みが多いので結構大変です。こんなとき…

CircuitPythonでSORACOM LTE-M Button Plusのコード移植に挑戦!

以前書いたSORACOMさんの「ひげデバイス」ことSORACOM LTE-M Button PlusはSeeed Studio XIAOとArduino IDEを使用してコードを作成していたのですが、最近はC言語よりもPythonを使っていることのほうが増えてきていることもあるので、CircuitPythonを使用し…

IBM watsonx.aiで未来の扉を開く: 初心者のための冒険ガイド

昨年の秋ごろから気になっていたIBM watsonx.aiですが、ようやく時間ができたので、これまでの情報をもとにさわってみようかなと思います。 まずは事前に準備されたサンドボックスを使用して、どんな感じなのかを体験してみようと思います。 Qiitaにも記事は…

PEP668エラー回避のヒント:pipxの活用

最近のUbuntuやRaspberryPiを使用しているとpipコマンドでライブラリのインストールをするときにPEP668のエラーが出てきます。 以下は最新のRaspberryPi OSであるDebian GNU/Linux 12 (bookworm)でpipコマンドを使用してnumpyを インストールしてみた結果に…

RaspberryPi5の”電源ボタン”について調査する🔍

自分の元にもRaspberryPi5がやってきました。今回は結構ラッキーなタイミングで告知を見ることができたので購入できました。ただ、到着まではなぜかかなり時間がかかってしまい、初期購入勢のブログをみてあーネタがなくなってしまうなあという感じでした。…

煩雑なインストール不要!Pythonから簡単にOpenJTalk

ここ最近VOICEVOXを使用して音声合成を楽しんでいましたが、その中でよくOpenJTalkを使用すればもっと軽くリアルタイムにできるのに…ということも言っていました。以前は自分もOpenJTalkを使っていたのですが、インストールの手順が煩雑だったのでいまいち手…

RaspberryPiの音声合成にリアルタイム性を求めるには?VOICEVOX Engineの活用

以前はVOICEVOX CORE(コアライブラリ)をRaspberryPiへインストールして音声合成を試してみたのですが、合成されるまでにかなりに時間がかかってしまうため、リアルタイムのコミュニケーションに使用するには実用性が低いという結果でした。 uepon.hatenadi…

UbuntuやRaspberry Piでも利用可能な音声合成エンジンEdge-TTSの導入方法

先日来使用しているVOICEVOXですが、PCであればかなり高速に処理をすることができるとはいえ、リアルタイム性?というところではやはり処理時間がかかるため会話というところには使用が難しいと思いました。そこで、他にもなにかないかなと思い探してみるこ…

【便利】コマンドラインツールで超解像処理!静止画も動画も高画質に

以前、Upscaylというアプリを使用して低解像度の画像を超解像化を試してみました。結果がわかりやすくすごい技術だったのですが、それだけで終わったらちょっともったいないなあと思い、今回はプログラミング的な感覚(比較的自動化しやすい)ものについて調…

Kintoneアプリへのデータ格納をNode-REDで簡単に操作する

以前、参加したイベントでNode-REDからKintoneアプリのデータを操作するというノードを見つけたので、その使い方のメモをしておきます。 拡張ノードnode-red-contrib-kintone 今回、Node-REDからKintoneアプリを操作する拡張ノードはnode-red-contrib-kinton…

初心者向けにわかりやすく解説するNode-REDの【環境変数】使用法

前回のエントリーで環境変数の学び直しをしたので、今回はNode-REDでの環境変数の使い方の復習をします。復習と言ってもほぼ使ったことがなかったので初めて使うに近いです。今回の内容は以下の内容を踏襲しています。サブフローなどに関してはまだ手に負え…

復習:各OSの環境変数の使い方を学びなおす

環境変数とシェル変数の混同があったので少し修正いたしました(2024.02.05) 久々にNode-REDを復習してみようと考えて、Node-RED日本ユーザ会のホームページを眺めていました。 nodered.jp そういえば、これまでに開発時に環境変数って使ったことあまりなか…

VOICEVOX COREをRaspberryPiにインストールしてCLIで便利に音声合成を行おう

前回のエントリではVOICEVOXをPCにインストールされたUbuntuへインストールしたという内容でしたが、今回はRaspberryPiにVOICEVOXをインストールするという内容です。ただ、RaspberryPiの運用ではモニタのないヘッドレス環境での使用の可能性もあるため、こ…

気になる音声合成ソフト「VOICEVOX」をUbuntuで試してみた!

前から気になっていたVOICEVOXをUbuntuに入れてみました。WindowsやMacでは動くのは当然だよね~ってところで、Linuxにも正式に対応しているというのが割とすごいなという印象です。以前から気にはなっていたのですが、なかなかさわる機会がなかったので、今…

もう1本マイクがほしい!便利なUSBマイクで機材を増やさずに音声出力を実現

久々にドン・キホーテにいったらSWITCHやPS4向けのマイクが半額になっているのを見つけました。 www.a-answer.co.jp USBドングルでPCに接続し、ケーブルレスでマイクをつける事ができます。特にペアリングなどは不要です。1500円はまあ安いかなと思って購入…

Raspberry PiとMiniforgeで始める、Pythonの仮想開発環境

Pythonの開発環境はPCでは基本的にDockerを使用するようにしているのですが、RaspberryPiでもPythonの開発環境構築をなんとかしたいなあと思っていました。といっても、それほど大掛かりな感じではなく仮想環境やライブラリの依存性をなんとかしてくれるだけ…

Arduino UNO R4 MinimaでHIDのサンプルスケッチが動かない件

前回のエントリーではLチカ後にHID(USBのヒューマン・インターフェース・デバイス)のテストのサンプルスケッチを動作してみたのですが、軽くトラブっていました。 【参考】 uepon.hatenadiary.com 一部のソースコードをコメントアウトして動作ができました…

デル アンバサダープログラムに当選したのでゲーミングPCのレビューしてみました2023(その4)

前回に引き続きゲーミングPCのレビューをしてみたいと思います。今回は生成画像AIのベンチマークとなります。 参考 uepon.hatenadiary.com uepon.hatenadiary.com uepon.hatenadiary.com 画像生成AIの環境の設定 いろいろと迷いながら環境設定を行っていまし…

デル アンバサダープログラムに当選したのでゲーミングPCのレビューしてみました2023(その3)

前回に引き続きゲーミングPCのレビューをしてみたいと思います。今回はいままで取り上げなかった外観に関する点となります。 参考 uepon.hatenadiary.com uepon.hatenadiary.com 外観について 今回使用しているのはPCはAlienware m16 ゲーミング ノートパソ…

/* -----codeの行番号----- */