obnizでLチカしてみた

ようやくobnizが手に入ったのでLチカをやってみました。 Lチカだけで終わらないようにしたい…

詳しくはこちらの動画をみていただくといいかなと思います。

youtu.be

obniz.io

いざ開封

自分はamazonさんから購入しました。

届くと箱に入ってこんな感じ。フリスクケースより一回り小さい感じかなと思います。

f:id:ueponx:20190114190130j:plain

箱開けるとこんな感じになっていました。

f:id:ueponx:20190114190140j:plain

表側(?)にはESP-WROOM32とOLEDが乗っています。

f:id:ueponx:20190114190148j:plain

裏にはメスのピンヘッダーとUSBコネクターがついています。 どのpinからも1A出力できるって本当なんでしょうか?動画ではモータードライバーなしで動いていました。 また、obniz Cloudを経由すればREST経由でもWebSocket経由でもGPIOへアクセスできるようです。 同一LAN内になくてもGPIOへアクセスできるのでわりと敷居が低くなっているのではないかなと思います。 WioNodeとなんとなく似ている感じですが、価格が5倍ぐらい差があるのでそのあたりは作りたいものと時間とのトレードオフかなと思います。

では設定をしていこうと思います。

obnizを設定する

obnizを使うためには、事前にobniz cloudに登録(無料)する必要があります。

まずは以下のサイトにアクセスします。

obniz.io

ウインドウの上の方にある【登録/ログイン】をクリックします。

f:id:ueponx:20190114193410p:plain

すると、認証画面に遷移します。SNSのアカウント経由で認証してもいいですし、メールアドレスでも登録が可能になっています。 今回はGoogleアカウントで登録することにしました。ボタンの中で一番上にある【Sign in with Google】をクリックします。

f:id:ueponx:20190114193847p:plain

複数アカウントを持っている場合には、アカウントを選択するダイアログが表示されるので、使用したいアカウントを選択します。 アカウントをクリックすれば登録完了になり、次の画面に遷移します。

f:id:ueponx:20190114193913p:plain

アカウント登録が終わると今度はobnizの登録を行うことになります。登録されたobnizにはURLが発行されるのでこの処理が必要になってきます。

f:id:ueponx:20190114194316p:plain

画面に表示されている【obnizを追加】ボタンをクリックします。すると次の画面に遷移します。

f:id:ueponx:20190114194638p:plain

obnizに電源を入れてWiFiの設定をするように指示されています。 では、obnizに電源を入れましょう。すると以下のような画面になると思います。

f:id:ueponx:20190114194832j:plain

画面に指示に従ってobnizのハードボタンを押してください。このハードボタンは押し込みと左右の動きができるようになっています。次の画面で認識されたアクセスポイントの一覧が見えていると思います。(アクセスポイントのSSIDは一部しか見えないのですが、選択して時間が立つとスクロールするので十分に確認をしてください) この中からハードボタンで適切なアクセスポイントを選択します。

f:id:ueponx:20190114195457j:plain

アクセスポイントのパスワードを入力します。(ハードボタンを左右に動かし、押し込むことで入力ができます)

f:id:ueponx:20190114195510j:plain

入力が完了したら【END】でハードボタンをプッシュします。 すると以下のように画面が接続処理を行う画面になります。接続が正常に行われると以下のようにQRコードが表示された画面になります。

f:id:ueponx:20190114195954j:plain

QRコードが表示されたらWeb画面に戻り

f:id:ueponx:20190114194638p:plain

【I'm ready】ボタンをクリックします。入力ボックスが表示された画面に遷移するので、

f:id:ueponx:20190114201151p:plain

obnizのOLEDに表示された数字を入力します。入力したら【Next】ボタンをクリックします。 すると以下のような画面に遷移します。

f:id:ueponx:20190114201559p:plain

obnizのOLEDもQRコードの画面から以下のように変化しています。

f:id:ueponx:20190114201735j:plain

OLEDに6桁の数値が表示されているのでWebの入力ボックスにタイプしていきます。

f:id:ueponx:20190114201624p:plain

入力が終わったら【Validate】ボタンをクリックします。

f:id:ueponx:20190114201850p:plain

以下のような画面になればアカウントにobnizが追加されています。

f:id:ueponx:20190114202132p:plain

以下にような画面になれば、事前設定は完了となります。

f:id:ueponx:20190114203851p:plain

Let's Lチカ

では、Lチカのコードを書こうと思ったのですが、初期テンプレートがWeb画面からON/OFFボタンを押すことでLEDの店頭とOLEDの表示を変化させるコードが出てきます…なにも書かなくてもできるとは。 説明は不要かもしれませんが、念の為に新規作成させてみます。

まず、ホーム画面から【プログラムをする】ボタンをクリックします。

f:id:ueponx:20190114211900p:plain

クリックするとデプロイ先の登録済みのobnizのIDの入力が求められるのでQRコードの隣に表示された数字を入力します。

f:id:ueponx:20190114211921p:plain

入力するとチュートリアルをするか尋ねられますが、そのまま【キャンセル】ボタンをクリックします。

f:id:ueponx:20190114210525p:plain

するとコードが開かれます。HTMLにJavaScriptが含まれたものになりますね。 この画面になったら画面上部にある【保存&開く】をクリックすると実行されます。

f:id:ueponx:20190114221802p:plain

実行すると以下のような画面がポップアップします。Web画面に【ON】ボタンと【OFF】ボタンがあります。

f:id:ueponx:20190114210556p:plain

obnizのOLEDにはHello Worldと表示されています。

f:id:ueponx:20190114214953j:plain

【ON】ボタンをクリックするとOLEDにはONの表示が

f:id:ueponx:20190114215030j:plain

【OFF】ボタンをクリックするとOLEDにはOFFの表示が

f:id:ueponx:20190114215057j:plain

GPIOにLEDを指しておけば【ON】ボタンでLチカできます。 (pinpin0がアノード、pin1がカソードになっているので注意してください。)

f:id:ueponx:20190114215121j:plain

ちなみに画面左側のリストにあるblockprogram.xmlのファイルをクリックすると以下の様な画面で

f:id:ueponx:20190114220555p:plain

ブロックプログラムもできるようになっています。

おわりに

ようやくobnizに手を出すことができました。JS使いの人であれば割といい選択肢かなとは思います。 python経由でのIOアクセスに関してもやってみようと思います。

M5Stackもそろそろ触らないとなあ…積み基板が多すぎる。