2020-08-20にRaspberry Pi OSの新しいリリースがでました

2020-08-20付でRaspberry Pi OSがバージョンアップしました。リリースノートを見ると以下のようになっています。 Bug fixのような感じの修正が多いようですが

2020-08-20: 
* raspi-config - added selection of boot device order
* raspi-config - added selection of boot EEPROM version
* SD Card Copier - copy is now immediately aborted if drives are connected or disconnected while copying
* Version 32.0.0.414 of Flash player included
* User feedback survey removed from first run of Chromium
* Recommended Software - now allows multiple install and reinstall operations without having to close between each one
* Bug fix - misleading file browser from panel menu icon selection dialog - icons must now be in icon theme rather than arbitrary files
* Bug fix - items in main menu not being translated
* Bug fix - raspi-config not detecting audio devices in non-English locales
* Bug fix - Bookshelf claiming no disk space in non-English locales
* Bug fix - failed installation of both 32 and 64 bit versions of packages by Recommended Software on 64-bit images
* Italian translations added (thanks to Emanuele Goldoni and the Italian translation team)
* Raspberry Pi firmware ef72c17bcaaeb89093d87bcf71f3228e1b5e1fff
* Linux kernel 5.4.51

気になったのは以下の3つでしょうか?

  • raspi-config - added selection of boot device order
  • raspi-config - added selection of boot EEPROM version
  • Linux kernel 5.4.51

raspi-configコマンドのメニュー形式が変わり、設定項目が増えたようです。これで念願であった正式なRaspberryPi 4BのUSBのみ挿入して起動対応がされたことと思われます(これまでは暫定対応でした)

あとは、Linuxカーネルバージョンが5.4.51になったみたいですね。一つ前のリリースでは4.19.118だったので大幅に変わったのでしょうか?

参考 uepon.hatenadiary.com

今回はraspi-configコマンドがどの様に変わったかを見ていきたいと思います。

続きを読む

【RaspberryPi】ネットワークインターフェースに複数のIPアドレス設定する

LAN内にあるデバイスがLAN内のポート80にのみアクセスができるようなものが存在します。そのポート自体の変更はできないので、アクセスされる側での対応を求められます。ただ、80番ポートはHTTPで使用されることも多いので、できれば開けておくことができれば後々便利かもしれません。そこでいろいろ調べてみたのですが、Linuxなどではネットワークインターフェース(以降NIC)に複数のIPアドレスを設定する(セカンダリIP)ことができるようです。

今回はRaspberryPiの無線LANNIC(WLAN0)へセカンダリIPを設定し、ポートフォワードを行ってプライマリIP側の別のポートで受信待ちをしているプロセスに処理をさせようと思います。

今回の設定を図に表すと以下のようになります。

f:id:ueponx:20200817221506p:plain

続きを読む

【RaspberryPi】HDMIカメラ化する

最初に公開してから、若干追記を行いました。

最近、知り合いとコロナ禍の配信界隈で大人気BlackmagicさんのATEM miniの話になって、HDMIで接続するカメラ高いよね~という話で盛り上がりました。

通常の使用を考えると3つぐらいの入力はなんとなく想像できるのですが、どんなものを映像ソースとしてしようしているのかなと興味はあります。(PC画面、手元、全景ぐらいかなと思うのですが)YouTuberの方々がよく使用されているデジタル一眼レフHDMI接続し、それを入力ソースとしてしようすることも考えられるのですが、そこまで気合をいれるというのも価格的には厳しいので、Raspberry Piをカメラ化できると嬉しいよねという話になりました。古いiPhoneがあるなら、それを使ったほうが画質はいいのかも?というのはやめておきますw

今年に入ってRaspberry Pi High Quality Camera RPI-HQ-CAMERAが公式から発表されたこともあるので、これを使用すればかなりの画質の向上も望めます。

www.seeedstudio.com

CSI接続のカメラをHDMI化するモジュールもでているそうなのですが、そのままHDMIの画面をスイッチャーに入力すればもう少し安くできるよねという話になったので、その検証をとなります。

既に、そのときに話をしていたSeeedの中の方が行っていますが、現状機材のない自分はとりあえずできるところまでやってみることにしました。以下のエントリーとほぼ同じですので以下を先に見てから、余談程度にみてもらえるといいかなと思います。

lab.seeed.co.jp

参考エントリーと異なる点としては

  • ATEM miniはないのでHDMIキャプチャデバイスで代用(到着まち)
  • RaspberryPiHQカメラがないのでRaspberryPiカメラV1.3で代用(到着まち)
  • RaspberryPi Zero用の変換フレキシブルケーブルがないのでRaspberryPi3Bで代用(到着まち)

これぐらいの制限付きで行っています。手元にものが揃えばRaspberryPi Zeroでも大きく変更なく実現できるかと思います。他にもRaspberry Pi2が手元に余っていれば、HQカメラモジュールをつけると有効利用できるのでは?と思います。

続きを読む

【RaspberryPi】でZoomを使用する事ができるか?

まえまえから気になっていたので、試してみたという内容のものです。

f:id:ueponx:20200806012945p:plain

結構古いPCでもZoomは使用できるのですが、RaspberryPiで参加することができれば、PCの画面を専有しないので カンファレンスっぽいもの(自分が話さない前提)の場合は有効に使えるんじゃないかなと思いました。

スペックとしてはタブレットなどでも使えるZoomRaspberryPi 4Bであれば問題なく使えるのではないかと思っての実験となります。

続きを読む

またか…USBメモリが壊れた!プチ復活への道のり

既に言わずともわかると思いますが、実際に行う場合には自己責任でお願いいたします

また、手持ちのUSBメモリが認識できなくなりました。認識できなくなったというのはちょっと微妙で、PCに挿すとエクスプローラー上ではドライブが認識できるのですが、書き込むこともプロパティを見ることもできないという状況でした。

この状態になって、あーこれはパーティションテーブルが壊れたかなと思いました。ですが、該当のUSBはデータ専用に使っていたので、フォーマットを行うこともなかったので、なんで壊れたかなという疑問がでてきました。こういう手合は大概RaspberryPiあたりに挿してパーティションテーブルを復帰させてしまえば治るだろうと思ってやってみたのですが、認識することはありませんでした。というかdmesgコマンドでも途中までの認識をするのですが、ストレージとしての認識ができませんでした。

本格的に壊れてしまったのかも…と思い今度は物理フォーマットツールを使ってみたんですが、そもそもストレージとして認識されないので実行もできない状態でした。

捨てるか…そんな状態から始まる今回のエントリーになります。

ちなみに今回使用したUSBメモリはこちらになります。もう購入できないものです。

復旧できるのか?

基本自分の中ではもう使えないんだろうなと思っていたので、分解供養することにしました。

分解するとこんな感じでした。ネジなどはないので、プラスチックのカードなどを使ってこじ開けます。もう2度と元には戻らない感じですけどね。

f:id:ueponx:20200731232817j:plain

コントローラーはSM社のSM3255Q ABというチップが使われていて、メモリはSAMSUNGのものが使われていました。基板をみても原因となりそうな部分はなく、チップ系のトラブルかなというところでしょうか。

f:id:ueponx:20200731232838j:plain

コントローラーチップの部分を拡大するとこんな感じ。

f:id:ueponx:20200731232851j:plain

廃棄しようと思っていたのですが、YouTubeの修理系の動画を見ていたらコントローラーチップ名とMPToolを検索ワードにしてググってれば復旧するようなツールが出てくるという話が載っていました。

そこで、検索してみると…以下のようなサイトを発見しました。

f:id:ueponx:20200731233916p:plain

見るからに怪しい…一か八かでダウンロードして使用してみることにしました。(既に言わずともわかると思いますが、自己責任でお願いいたします

サイトの下に行くとコントローラーチップごとのツールのダウンロードリンクがあるので、新しいバージョンのものをダウンロードします。

f:id:ueponx:20200731234358p:plain

ダウンロードすると以下のようなrarファイルが入手できます。

f:id:ueponx:20200731234730p:plain

これを展開するとこんな感じのファイル構成になっています。この中のsm32Xtest.exeという実行ファイルを起動します。

f:id:ueponx:20200731234743p:plain

起動するとこんな感じ。該当のUSBメモリをPCに挿して、【Scan USB(F5)】ボタンをクリックすると、

f:id:ueponx:20200731234803p:plain

UI上にUSBメモリが認識されます。今回挿したUSBポートはPORT1だったようです。READYの表示がでたら、【Start(Space Key)】ボタンをクリックしてメモリのテストを行います。ボタンの表示は崩れていますが、問題なく機能します。

f:id:ueponx:20200731234823p:plain

テストを行っていくのですが…

f:id:ueponx:20200731234854p:plain

Windowsからのフォーマットするかといったダイアログメッセージが表示されて、チェックは失敗してしましました。ただ、これまではフォーマットすらできない状態だったので、状態は少し前進したともいえます。ダイアログで【ディスクのフォーマット】ボタンをクリックすると

f:id:ueponx:20200731234858p:plain

ディスクフォーマットのダイアログが表示されました。勝ったかも!

f:id:ueponx:20200731234902p:plain

FAT32で通常フォーマット(クイックフォーマットのチェックをOFFにします)をかけてみます。

f:id:ueponx:20200731234905p:plain

問題なくフォーマットが完了できました。\(^o^)/

f:id:ueponx:20200731234909p:plain

Windowsのディスク管理ツールからも、ドライブレターだけでなくディスク構成もちゃんと見えています。(今回はDドライブとして認識)

f:id:ueponx:20200731234912p:plain

念の為、どこかのセクター(?)が死んでいるのかもしれないと思ったので、チェックディスクをかけて見るのですが、問題は検出されませんでした。

f:id:ueponx:20200731234915p:plain

フリーのEaseUS Partition Master 14.5を使ってディスクのチェックを行ってみますが、同様に問題は検出されません。 (ダウンロードリンクは以下となります)

jp.easeus.com

f:id:ueponx:20200731234922p:plain

f:id:ueponx:20200731234918p:plain

ちょっと原因がわからないですが、うまく復帰はできたようです。以前入っていたファイルに関してはフォーマット時に削除されていますが、 使えないよりはましでしょう。

おわりに

今年に入ってからUSBメモリが壊れるのでは3回目かも…。使用回数のリミットもあるデバイスなので、ある程度きたらリプレイスするというのが一番いい解決法なのかもしれません。復活をした該当のUSBメモリもいつ壊れてもおかしくないと思うので、重要なデータを入れるのではなく、データの入れ替えで仕方なくしようするというレベルにとどめて置こうかなと思います。

コロナウイルスの関係で自分もYouTubeを見ることが多くなったのですが、一番良く見るのは修理系動画です。修理系動画をみているとふと分解したくなるのは自分だけなんでしょうかね。外出自粛期間中に分解用の工具も結構購入してしまった様に思います。でも分解のテクニックや方法がわかるので割と情報が得られるので助かります。

参考

uepon.hatenadiary.com

uepon.hatenadiary.com