IchigoJamのファームウエアをバージョンアップさせる

IchigoJamのファームウエアをバージョンアップさせる

久しぶりにIchigoJamを使用しようと思ったのですが、ファームウエアのバージョンがかなり古かったのでバージョンアップをしました。 以前にもファームウエアのバージョンを上げたことはあるのですが、メモなどを取っていなかったのでかなり苦戦しました。 苦戦というよりもハマったという感じでした。(たぶん自分だけかも知れない現象ぽい)

IchigoJamってなに?って人は以下を参照ください。

ichigojam.net

自分は秋月電子さんで購入しました。

IchigoJamのファームウエアのバージョンアップ

PCとの接続

IchigoJamのバージョンアップはメイン基板に載っているLPC1114のシリアルポートとPCを接続する必要があります。今回は家にあったUSBシリアル変換を称することにしました。IchigoJamは3.3Vなのですが、自分の持っていたのは5.0Vと3.3Vの変換をジャンパで切り替えることができるものでした。

シリアルポートとの接続に関しては以下を参考にしました。

d.hatena.ne.jp

nuneno.cocolog-nifty.com

基本は

IchigoJam PC(USBシリアル変換)
GND GND
TX RX
RX TX
ISP GND(基板のGNDから取ったほうが早いです)

このように接続を行います。

【写真】 f:id:ueponx:20170702152306j:plain

ソフトウエアの準備

ファームウエアに関しては公式サイトに公開されているのでそれをダウンロードします。

ichigojam.net

今回はversion 1.2.2をダウンロードすることにしました。ダウンロードするとアーカイブにはNTSCやキーボードなどにより複数の種類のROMがあり、そこからファイルを選択することになりますが、自分はntscとJPキーボードのファームウエアを選択しました。(ファイルはichigojam-ntsc-jpkbd.hexです。)

あとはこのファームウエアを書き込むソフトウエアであるFlash Magicをダウンロードします。

www.flashmagictool.com (画面右側にあるFlashMagic.exeのボタンをクリックすればダウンロードができます)

参考にしたサイトの情報でわかったのですがPC(Windows)でシリアルポートの設定を見る方法があるようでmodeコマンドを叩くとスピードなどがわかるようです。これって常識なんでしょうか?これまではGUIで結構確認していたのですがこちらのほうが圧倒的に楽ですね。COMポートも分かりますし。

f:id:ueponx:20170701140914j:plain

基本は参考にしたサイトと同様なのでファームウエアを書き込むだけです。

自分の場合はmodeコマンドでUSBシリアル変換機の接続がCOM3と判別されたのでこれを設定し、以下の画面の様にします。

f:id:ueponx:20170702135911j:plain

あとは書き込むだけなんですが…。

またしてもトラブル…

ここまで来て毎回トラブルなんですよね…

Flash Magicのメニューにある虫眼鏡のアイコンボタンをクリックするとIchigoJamに接続してメモリ状態を表示することができるのですが Error発生します。エラーメッセージからすると自動でボーレートの設定に失敗したというものでした。

【メモリ内容の表示ダイアログ】 f:id:ueponx:20170702141428j:plain

【エラーダイアログ】 f:id:ueponx:20170702141951j:plain

Auto設定なんてあったっけなあと思いつつ、ネットにこういう情報もあったのでシリアル変換器の不安定さの機器側の問題なのかもと思いつつも設定を見直すことにします。

【参考】 パソコンと接続 - イチゴジャム レシピ

Flash Magicのメニューから【Options】→【Advanced Options】を開くと

f:id:ueponx:20170702142410j:plain

設定のダイアログが開きます。

f:id:ueponx:20170702142642j:plain

そこで【Communications】タブをみると【High Speed Communications】にチェックがついていました。何となくこの部分が怪しい感じです。そこでチェックを外してみます。

f:id:ueponx:20170702143827j:plain

チェックを外して【OK】ボタンをクリックします。再度、【虫眼鏡ボタン】をクリックすると…。

f:id:ueponx:20170702142250j:plain

無事にダンプができました。一応これでシリアル接続も無事に行えました。

書き込みを行う

後はFlash Magicに書き込むROMのファイルを設定し、【Start】を押すと…

f:id:ueponx:20170702144808j:plain

書き込む処理が開始されます。

f:id:ueponx:20170702144841j:plain

ウインドウの左下に【Finished】が表示されると無事に終了になります。 電源をOFFにして、ISPピンとGNDを接続しているケーブルは抜いておきます。

起動すると…

シリアルコンソールとの接続をそのままにして電源をONにすると

f:id:ueponx:20170701140852j:plain

無事にVer1.2.2の開始画面が表示されます。

終わりに

トラブルはありましたが、なんとかバージョンアップができました。あんな設定触ってないと思ったんだけどなあ。