読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

node.jsのCentOS6.2へのインストール

CentOS コンピュータ

CentOS6.2へnode.jsのインストールを行ったのでそのメモ。

公式サイトにもLinux用のパッケージが用意されているのでそれをコピーしても大丈夫な予感がするんだけど、開発とか細かいところで躓くのが気になるので、ソースコードからインストール。WindowsMacはパッケージがあるので、それを使うべき。

必要なパッケージを導入。

[bash]$ sudo yum install openssl-devel libgcc gcc cpp gcc-c++[/bash]

node.jsのソースコードを取得

[bash]$ wget http://nodejs.org/dist/v0.8.16/node-v0.8.16.tar.gz[/bash]

パッケージの展開・ディレクトリの移動

[bash] $ tar zxvf  node-v0.8.16.tar.gz $ cd node-v0.8.16 [/bash]

ビルド

[bash] $./configure $make $ sudo make install [/bash]

動作テストソースには

[bash] make test [/bash]

を行うように言われているが、正直時間がかかるし、環境による失敗もあるので以下で代用する。以下のサンプルをserver.jsとして保存

[js] var http = require('http'); http.createServer(function (req, res) { res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'}); res.end('Hello Worldn'); }).listen(8000); console.log('Server running at http://127.0.0.1:8000/'); [/js]

nodeでこれを実行すると・・・

[bash] $ node server.js Server running at http://127.0.0.1:8000/ [/bash]

あとはブラウザなどでhttp://127.0.0.1:8000/へアクセスするとHello Worldが表示される。

以上