読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sudoの設定

いつも忘れるsudoの設定。デフォルトでは入っているのでパッケージなどのインストールは必要なし。

visudoにて設定ファイルを開く。(visudoはrootでないとできないのでrootで作業すること。) ※wheelグループのユーザがsudoを行えるようにする設定。 [bash]

visudo

[/bash]

コメントアウトする部分 [bash]

%wheel ALL=(ALL) ALL

[/bash] ↓ [bash] %wheel ALL=(ALL) ALL</li> [/bash]

sudoを行うユーザをwheelグループへ追加する。 [bash]

usermod -G wheel 【ユーザネーム】

[/bash]

これにて終了。 ※Ubuntuは基本的に一般ユーザにsudoの設定が追加されているので初期設定はいらない模様。

追記:CentOS7(2014.11.03現在)ではすでにvisudoの設定は行われているのでユーザをグループ追加するだけで使用できるようです。