読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hyper-Vの設定(手抜き)

コンピュータ 仮想

Microsoftから無償OSとしてHyper-V Server2008R2がダウンロード可能。ただし、ゲストOSのライセンスに関してはライセンスをクリアする必要がある。

Hyper-V Serverは

  • Server Coreと同等
  • Hyper-V機能が使用できる
  • 暗黙の共有(\ServernameC$) が有効。
  • 設定用のGUIインターフェースツールはない。(コマンドラインなメニューソフトはある。)

(0)VMware Workstationの仮想マシン内でHyper-V(WindowsServerでもHyper-VServerでも)を動かすときには(実マシンの場合には関係ない。)

仮想マシンを構築したら【OSのインストール前】に必ず以下の設定をいれること。

■*.vmxファイルに hypervisor.cpuid.v0 = "FALSE"

仮想マシンの設定 「プロセッサの仮想化エンジンのIntel VT-x/EPTまたはAMD-V/RVIを仮想化」の設定にチェックを入れる。

Hyper-V マネージャとサーバマネージャをリモートで表示させるための手順。

Hyper-VGUIで管理するための手順 用意するもの

  • サーバ:VMware Workstation, Windows Hyper-V Server2008R2
  • クライアント:OS(LinuxWindowsなど)
  • Hyper-V マネージャ(Microsoftにあるのでインストールしたあと、Windowsの機能追加でHyper-Vをチェックすると使用可能になる。)とサーバマネージャを追加。
  • hvremoteをダウンロードする。(最新版を使うこと!)

■環境 IPアドレスはサーバ側:192.168.224.135、クライアント側:192.168.224.1。ドメイン環境は無しでWORKGROUP設定。

■手順 Hyper-Vマネージャの設定

【server側】 起動時のメニューから

サーバ 7) リモート デスクトップ リモート デスクトップを有効(E)または無効(D)にしますか? (入力なし=キャンセル)  e

1) ネットワーク レベル認証を使うリモート デスクトップを実行しているクライアントのみを許可する (高セキュリティ) 2) 任意のリモート デスクトップを実行しているクライアントを許可する (低セキュリティ)

選択するオプションの番号を入力してください: 2

3) ローカル管理者の追加 :[任意のユーザ名](パスワードは必ずリモート管理するクライアントのユーザ名と同じにすること)

■サーバマネージャの設定 【server側】 「4) リモート管理の構成」

「1) MMC リモート管理を許可する」 「2) Windows PowerShell を有効にする」 サーバ再起動 「4) リモート管理の構成」 「3) サーバー マネージャーのリモート管理を許可する」

【client側】 \192.168.224.135C$ にアクセスし、hvremoteのスクリプトをコピー。(\192.168.224.135C$)

【server側】 > cd > cscript hvremote.wsf /add:[任意のユーザ名]

サーバ再起動する。

【client側】 > cd C: > cscript hvremote.wsf /mmc:enable > cscript hvremote.wsf /anondcom:grant

クライアント再起動

【client側】 > cd C: > cscript hvremote.wsf /show /target:192.168.224.135

【server側】 > cd > cscript hvremote.wsf /show /target:192.168.224.1

【client側】 Hyper-Vマネージャで192.168.224.135に接続。 「RPCサービスに接続できません。」と出るのを確認。 ファイアウォールの設定でこのようになる。設定をしてもいいのだが、日本語入力が必要なので結構めんどう。

うまくいかないのでこれで済ますw 【server側】 > netsh advfirewall set currentprofile state off